龍宮御願の翌日・・・  2005年10月08日(土) 13:27 

 昨日の御願で結構疲れていたので、しなければいけないことがたくさんあるんだけど、1日ぐらいはゆっくりしても良いかな・・・主人も寝ているので横になって本を読んでいたら、携帯が鳴った。Sさんからだった。お祈りのお誘いです。

 疲れているから一瞬考えたが、Sさんがひめゆり部隊のお祈りを・・・これを聞いて行かなければと思いました。なぜなら、沖縄本島で、ひめゆりの塔へ引き寄せられ、館内で号泣して、何とも言えない悲しみが、心を縛り、辛くて悲しくて資料が1冊しか見れなかった。

 もう本当に泣き崩れてしまいそうだった。心の底からくる何とも言えない深い悲しみ。なんなんだろう?何かあるの?・・・そう感じていたからです。

 Sさんとツカサヤーで待ち合わせた。Sさんとお友達のMさんと今日は三人で廻ることに・・・

 ひめゆり部隊の方達への祈りをしたいと思ったら私が浮かんだらしい。私はひめゆりの部隊の魂を持っているとのことでした。だからあんなに悲しかったんだ。。。

 そして、龍宮天に行きましょうと言うことになり、このウタキも私が次に廻ろうとしていた所なのです。みんな始めていく所なので、守護神様に導いて下さいとお祈りしながら行きました。

 北の龍宮天へ行きお祈りを済ませ、南もあるので南も探しましょうと南の龍宮天へ向かうと数羽のツバメがお出迎えをしてくれました。その後大雨が降り出した。私は嬉しくなった。龍神様がいらっしゃたそう思ったからです。大雨の中で蝶が一匹飛んでいる。 ふしぎ

 ・・・祈りの場所を探していると雨が止みそれぞれがそれぞれのスタイルで祈る。なんにも言わずに祈りに集中する。とても自然でいられる。Sさんはそんな人なのです。見習わなければいけません。

 祈りは一つでも祈りのスタイルは人それぞれ、それで良いのだと感じました。お互いに無理なく、私はまた失敗するところをSさんから教わりました。ありがとうございますm(__)m

 日々勉強です。一人でいたら気付かないことも周りにいる人が自然に動くことで教えて下さいます。 有り難いことです。すばらしい出会いをさせていただいていることに本当に感謝感謝ですm(__)m



 前の日記へ  日記インデックスへ  次の日記へ








inserted by FC2 system