陰陽マーク・・・これだ。  2005年09月12日(月) 00:06

 お友達から借りた本の中に神の石と呼ばれている石のことが書かれていた。

 十四世紀の中頃、野原岳の南のふもとに大嶽城(うぷたきじょう)があり、そこの城主をウプタキ按司(あず)と呼んでいた。ウプタキ按司は自らの権力の安泰を願って、巨石を円柱形に加工し(霊石)として野原岳の頂上に安置した。

 現在、野原岳の西端に県指定文化財「野原の霊石」として大切に保存されている。また、一帯はタマザラウタキと称して人間の魂を司る子(北)の神を祀っている。この霊石は陰陽石(夫婦石)とも言われ、霊石(陽石)の側に隕石が置かれていたという。

 按司の死後、太平洋戦争時、日本軍は野原岳に陣を敷き、そのためこの周辺は攻撃を受け、霊石にも弾痕が残っている。・・・・・続・ぴるます話より

 (☆-◎;)ガーン 主人の夢も隕石・・・繋がった。私の干支も子、陰陽マーク、石の形。これだけ揃えば、ここではないのか?でも正直なところ少し怖い気もする。私の祈りで大丈夫なのか?まだ修行中なのに・・・(>_<) できるのか?・・・・・

 この日記を書いている間に右手にブツブツと湿疹がでてきた。かゆい(>_<)もう少し調べてみよう。 行かなければならないのでしょうね・・・きっと・・・



 前の日記へ  日記インデックスへ  次の日記へ








inserted by FC2 system